突発的な感情を抑制するのは、余り得意じゃない。
そのくせ「こうと決めたら」的決心は簡単に揺らぐ。
怠け者と子供みたいな気儘さ。
冒険的なことをしているつもりで、安全な場所を進んでいるばかり。
だからって、わざわざ波瀾万丈を望んでみたところで、
それは無鉄砲とも云えるわけで...。

 自分自身の日常から少し遠くへ足を向けてみる。
そしてまた、「何時かそこにいた自分」を感じてみる。
そんな旅がいつもの私的旅。

 いつもと同じ。
そこから少し先へ進んでみたのは、
今年の少しだけ突発的な感情。

雲と雨と緑と海と. . . 風の匂いを。

2006年5月30日~6月3日の旅

第1集
第2集
第3集
第4集